アーティスト シャンプー 下着 net 勉強 ギフト http 美術 イメージ 照明" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

綾野剛の役者のプロとしてのコメントがカッコ良すぎる。 [エンタメニュース]

綾野剛の秀逸なプロ魂のコメントがカッコ良すぎる。①

image.jpgimage.jpg

引用元 http://girlschannel.net/topics/217408/

スポンサーリンク






綾野剛は現場で好かれている


現場では、食べ物やシャンプー下着などが
常備された本人考案の“綾野商店”を設置。


これがキャスト、スタッフが積極的に利用するなど、大好評だという。
綾野剛さんてなんか可愛さが見え隠れしてまよね。

綾野剛さんは、こういう細やかな配慮こそ作品作りに欠かさず、一種のコミュニケーションツールとして捉えてるみたいなんです。
考え方が違う。


本人コメントによると
「コミュニケーションは大事です。人見知りな方もいらっしゃいますし、僕も得意ではないけど、想いを伝える。相手が今何を感じているのか、何を考えているのか、気づく必要性があると思うんです。自分さえ良ければいいという感覚は、捨ててますから。」


ふむふむ、現場での綾野剛さんは
クールなイメージをもっていましたが、
どうやら積極的なコミュニケーションを好む人みたいですね、


現場でも、共演者との交流を欠かさないようで、


「共演者とコミュニケーションをとっていることは、結果的に自分のためにもなっている。共演者の芝居が変わったら作品にも影響しますし、新しい感覚や勉強にもなる。コミュニケーションをとることで豊かになるんです。」


続けて


「意見の出しやすい環境作りをしないと、作品の為にならない、思ってることが言えない。納得のいっていない映像が一生残るわけです。それは時に役者にとって負担です。」


と語っており、作品を作り上げることに役者の魂を感じますね!



スポンサーリンク






image.jpgimage.jpg
引用元 http://matome.naver.jp/odai/2138266261125492401



転機は3年前のこと


2011年、綾野剛さんが世間からの注目を浴び始めた頃

「単純にコミュニケーションをとらないとダメだなと思っただけですよ。それでも、ここまでできるようになったのは3年前です。」



「結局、何かを作るってひとりじゃできないことなんです。ひとりで作る分にはアーティストになればいい。でも、僕らはクリエイターです。“1”という台本を50にも100にもしていくのは、僕ら俳優部だけではなく、撮影部、照明部、演出部、録音部、美術部、各部署の色々な人がいて成り立つこと。俳優部も、その中の一部なんです。」


綾野剛さんにとって良い作品を世に
送り出すためにすべてを懸ける姿勢が
カッコイイと感じるのは僕だけでしょうか。



「自分のことを信じてもらうためにも、こっちから信頼していますというギフトを贈らなければいけない。そこで、初めて相手から返ってくる。どういう風に自分が見えるかということは重要ではなく、この作品にどう血や肉になるかということが重要です」


と作品を作り上げる哲学を論じている。



スポンサーリンク






人間哲学ともいえるコメントに学ぶことも多いと素直に感じました。
これから見ない日がなくなってくるでしょうね


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。