アルバイト 北海道 大学 東京 テレビ タレント 出会い スタジオ OFFICE CREATIVE" />
So-net無料ブログ作成

大泉洋が語った、鈴井貴之との感動するエピソード [エンタメニュース]

大泉洋が語った、鈴井貴之との感動するエピソード

image.jpgimage.jpg
引用元 https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&ved=0CAUQjB0&url=http%3A%2F%2Fyosetrend.com%2Farchives%2F36&ei=W_5eVOeHNMLRmAXLq4GwCA&bvm=bv.79189006,d.dGY&psig=AFQjCNHz7jbXd7Khfb8Thcs956_Y9-FSGQ&ust=1415597648113786
http://www.tfm.co.jp/cinema80/newcinema/index.php?id=73


本文はスポンサーリンク下から
スポンサーリンク



本文はコチラ↓↓↓


大泉洋さんにとっての恩人はやっぱりこの人だという。



「水曜どうでしょう」でも、ずっと一緒に旅を続けてきて、事務所「CREATIVE OFFICE CUE」の会長でもある鈴井貴之さん



要所要所のきっかけを作ってもらったと言い、「鈴井さんがいなかったら、今の私はないです。」とまで言っていて、


もともと大泉洋さんは、大学の演劇研究会にいた普通の大学生。


当時、鈴井さんがレギュラー出演していたHTB「モザイクな夜V3」という深夜番組の内の「おはよう元気くん」というコーナーの二代目を探していたところ、


たまたま大泉洋さんの初舞台を見た人が鈴井さんに「1人、おもしろい人がいる」と言ってくれ、ひょんなことからアルバイト的にテレビの仕事が始まったのが、鈴井さんとの出会いであり、テレビとの関わりだったそうです。



それ以降、『元気くん』を卒業し、トーク力を買われスタジオにも呼ばれるようになり、それから1年も経たないうちに「水曜どうでしょう」が始まって、後はあっという間に水どうと言えばということで一気にブレイク。



本文はスポンサーリンク下から
スポンサーリンク



本文はコチラ↓↓↓



人生の転機は2回と言っており、

1つは今話した、北海道でタレントの仕事を始めた時。

そしてもう1つは30歳手前ぐらい、本格的に役者の仕事をしようと思い、東京の仕事をするようになった時のこと。


北海道から東京へ、事務所も小さい事務所から大手事務所へ不安もかなり大きかった、その時、鈴井さんの言葉が今も心に残ってるそうです。



「大泉君、確かに僕たちは今、大きな海に出ようとしている。恐らく不安もあるでしょう。でも、安心してください。僕らは大きなエンジンを積んだ大型船で一気に出航するわけじゃないから。僕たちは僕たちらしく手こぎボートで海に出て行くつもりです。危ないと思えばいつでも岸に戻れますから」って。


image.jpg
引用元 http://matome.naver.jp/odai/2126414845768349601



本文はスポンサーリンク下から
スポンサーリンク



本文はコチラ↓↓↓



その言葉を聞いて、こんな家族みたいな事務所があって、北海道っていう岸があるなら。って、気持ちも強くなり同時に気持ちが楽になった。


と語っています。


水曜どうでしょうのゴールデンコンビニは、それはそれは太い繋がりがあるんですね。
大泉洋さんと鈴井貴之さんのますますの活躍を願います!!


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。