マーケット 副業 オススメ 認証 スタンプ 給与 チャンス クリエイター LINE" />
So-net無料ブログ作成

LINEスタンプ販売したけど、税金は? [LINEニュース]

LINEスタンプ販売したけど、税金は?

line_a01.jpg
引用元 kabegamibox.com


若者を中心に幅広く人気のアプリ『LINE』 アプリの中でよく使われるLINEのスタンプが一般の人でも作成して販売することができるようになり、 この販売額がなかなか好調なんだそうです。(クリエイターズ・マーケット)

その販売額がなんと! 3ヶ月間で12億3000万円とのこと!!(8月20日発表時点)
売上10位までの平均販売額は2230万円だそうで、一攫千金も夢ではないですね。
クリエイターズ・マーケットでの、売り上げの分配は、
作成者と販売者(LINE)で約50%がずつの分配となるため、
上位の人たちは1000万円以上を収入を得たことになる。


ネット上で、「税金はどうなるんだろ?」という質問があり気になったので、
今回、まとめてみた。

まず、、、
■LINEスタンプを販売して得た収入には税金がかかります
儲かった場合、税金がかかってくるそうです。
また、一定額を超えるともちろん確定申告も必要!


副業として、スタンプを作成し収入を得たとしたら、
売り上げから必要経費を引いて20万円以上で確定申告の申請が必要になるようです。


たとえば、本業を持たない主婦の方でも
年間で38万円以上利益(必要経費を引いた額)が
出た場合も同様に確定申告を申請するようです。


■利益が出ているのであれば青色申告がオススメ
個人事業として青色申告するとメリットがいくつかあります。

簡単に、、、

◎年65万円を上限に特別控除を受けることができます。
◎従事者の給料も必要経費に換算することができる。
(たとえば、家族とかに手伝ってもらったときの給与とか)


LINEの勢いは増すばかりですね。
このチャンスの手にして億万長者が生まれるのも遠くない話かも・・・


LINE関連記事
LINE 暗証番号の設定を義務化22日から PC版LINEの認証番号が入力必須になってます。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。